徳島不動産.com
徳島不動産.com
住宅の買い替えの場合、売却が先か?購入が先か?
さてどちらが良いのか悩まれる方が多いと思います。
どちらの場合も、良い点、悪い点がありますが、
そのあたりは、信頼できそうな不動産業者に聞いてみるとよいでしょう。

売却を先にする場合

一般的には売却する不動産に住宅ローンが残っている場合は、売却を先にする方が宜しいでしょう。
「売却先行」の場合は、売却による収入金額が決まるので買い替え物件の、資金計画が立てやすくなります。

ただし、次に購入する物件がなかなか見つからず、予想以上に時間がかかってしまうような場合もあります。
早く売れすぎて明渡し期日に間に合わないといった事態に立ち至らないとも限りません。
新居が決まるまで、賃貸物件で住むなどの余分な出費が必要な場合もあります。

購入を先にする場合

「購入先行」の場合には、仮住まいの物件を用意する無駄な費用などの心配がなくなります。
また、転居もスムーズにいくでしょう。

売却物件の借り入れがすでにない場合などは資金繰りの心配もないと思いますが、残債が多い場合などで思ったような価格で売れない場合は資金不足の可能性もあり、別にローンが発生する恐れがあります。

徳島不動産.com
徳島不動産.com
徳島不動産.com