不動産と道路のこと

こんにちは、エフステージ(株)  藤本です。

売却査定をインターネット経由でいただく事が以前より多くなりましたが

相談事例で多いのがかなり古い戸建て物件などです。

古い物件は道路が4m無いものも結構あります。

都市計画区域内では建築基準法で4m以上の道路に2m以上面してなければ
建築が認められません。

昔、車がまだ少ない時代には狭い道路も多くありました。
建築基準法が出来たのは昭和25年11月です。

建築基準法施行日以前からあった狭い道路などは
「法42条2項道路」または「2項道路」、または「みなし道路」といわれます。(「法42条2項道路」の「法」とは、建築基準法のことです。)
このような道路に接していて昔から建築されていたものは建て替え時には道路の中心から水平距離で2m引いたと事からでないと再建築は認められません。

これをセットバックと言います。

古家でセットバックが必要なものは多くみられますが、
再建築時に道路にとられて敷地面積は小さくなり不動産の価値は下がっていきます。

また、そのような道路に接する物件は全ての近隣の方がセットバックしないと最終的に4m道路にはなりません。

2項道路以外でも、隣接している道路が公道か私道かどうかも良くわからないという方も結構いらっしゃいます。

私たち不動産業者が見ればすぐにわかることが殆どで、またどのように利用して良いのかわからない。

そもそも価値があるのかないのか分からないという方もいらっしゃいます。

場所によっては少々の問題があっても意外と売れる物件もあります。

わからないことなどがあればお気軽に徳島不動産.Comにお問い合わせください。

物件の売却相談・無料査定は徳島不動産.comまでご依頼ください。

index_img01